• SUPPORTShurijo事務局

返礼品の「マース袋」ってなんだろう?

最終更新: 2020年10月30日


「マース」とは、沖縄の方言で「塩」を意味します。


美しい海で囲まれた沖縄では、昔からマース(塩)を小さな袋に入れ、厄除や縁起物として持ち歩いていました。


このお守りは「マース袋」と呼ばれ、現在も日々の安全を願い持ち歩いたり、大切な方への贈り物として沖縄の人々に親しまれています。


現在開催中のクラウドファンディングでは、返礼品としてこの「マース袋」をご用意しております。


ゆいまーる沖縄株式会社様よりご提供いただいた「マース袋」は、首里城の正殿や、屋根の龍頭棟飾をデザインした特別な「マース袋」です。職人さんに皆さまの安全と首里城の復興を願い一つ一つ染めて作って頂きました。


ぜひ、ご支援のほどよろしくお願いします!


▼「首里城復興支援を目的とした、未来型AR観光アプリを開発したい」プロジェクトはこちら

https://readyfor.jp/projects/support-shurijo

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

news ZERO にて活動を紹介いたただきました

日本テレビnews ZEROにて、プロジェクトの活動を10月31日にて紹介いただきました。 実際に首里城前にて開発中のデモアプリをご利用いただいた様子が放送となっております。

共同通信社にて活動を掲載いただきました

共同通信社にてプロジェクトの活動を掲載いただきました。 メンバーのひとり、松山が対応しております。 引き続きご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ●沖縄の象徴・首里城を3Dで再現へ 体感アプリ開発でクラウドファンディング https://www.kyodo.co.jp/b/2020-09-30_3173048/

©2020 by SUPPORTShurijoみんなで見守る首里城復興プロジェクト